服装には様々なものがあり、和服や洋服など見た目にも違いがあり、服装の好みも人それぞれになります。そのような服装の一つに着物があり、日本の伝統的な服装になります。そのような着物は男女それぞれで仕様が違うものになりますが、男が着る男着物も魅力のある服装の一つになります。着物の魅力の一つには、ワンランク上の大人を演出することができることです。洋服などを着ている場合には、服装が被りがちになりますが、男着物を着ることで個性を出すだけでなく、古風な雰囲気を与えることも出来ます。このように男着物は普段の服装に飽きた場合や、落ち着いたイメージを出したい場合になど着ることにより相手に与える印象を変化させることができます。そのためには、着物の種類などを知ることも大切なことになります。

着物の種類と用途の違いについて

着物といっても使用する用途などにより種類も違い、普段着、外出着、礼装などがあります。普段着はその名のとおり、普段から着るものであり日常着として使用します。そのため長時間着ているものになるため、洋服の普段着を選ぶときと同じように、安くて丈夫そして手入れがしやすいものを選ぶことが大切になります。外出着は、街着やおしゃれ着として着るものになりますが、きちんとした外出着の定義はありません。そのため、普段着よりちょっといい着物を着て行く事が、外出着になります。また礼装などは、フォーマルの場などで着用するものであり、着用に対してなどの多くの決まりごとがあるものであり、それらをきちんと理解して着用しなければいけません。このように男着物にも種類があり、用途にも違いがあるものになります。

男着物の手入れはどのようにするのか

服はきちんとした手入れをしなければ見場が悪くなったり、着られなくなったりするため気をつけなければいけません。洋服はもちろん和服も当然であり、男着物もきちんと手入れをすることが重要になってきます。男着物は普段着や外出着などはそれほど高級なものではないため、洗濯なども自分で行うことができます。洗濯をする際には、かなり縮んでしまうことがあったり、色落ちやしわ、生地が痛んでいる場合には破れてしまうことがあるので注意が必要になります。また手洗いでは揉み洗いやごしごし洗わないこと、洗濯機ではネットに入れて漂白剤が入っていない洗剤で手洗いモードなどで洗い、脱水は一分以上掛けないことなど大切になります。そのほかにも、きちんとした畳み方を覚えて皺がつかないようにすることも重要になります。