男着物の浴衣には2種類あります。寝巻きとして温泉宿で提供される夕涼み着として着られるものと、もうひとつは花火大会や夏祭りなどお洒落着として着るものです。男着物でも浴衣は構造が少し違います。昔は湯帷子(ゆかたびら)とも呼ばれ、古くは蒸し風呂に入る際の着衣でもあり、その後風呂上りの衣服とされました。また夕涼みをする時にも着ますが、日常着としての着物とは区別されてきました。着物は袷(あわせ)と単衣(ひとえ)があり、袷は裏地があり生地が二重になったもので、単衣は裏地が無く浴衣はこの単衣仕立てになります。そして夏に着る単衣仕立ての着物でも、長襦袢はつけます。浴衣の場合は肌着を着た上から着るのが一般的で、長襦袢を着るか着ないかが着物と浴衣の違いとなります。

意外と知らない男着物の帯について

帯は体に巻きつけ、衣類と止めたり道具を装用するものです。男性の帯びは女性用の帯と違い、種類は少なく角帯と兵児帯(へこおび)の2種類です。一般的に男着物の帯としてイメージされるのは角帯で、兵児帯は家の中でカジュアルに着物を着る時に利用するものです。基本的にこの2種類の帯びは、着物にも浴衣にも共用できるものです。角帯は男帯として礼装用からカジュアルに日常でも、幅広く使えるものです。固めに織られ、素材は絹が代表的ですが、綿や麻・合繊など多様です。夏用の絽や紗・羅など透ける素材もあります。兵児帯は主に家でつける帯で、角帯と違い生地が柔らかく幅広いものです。素材は絹が主流ですが、最近は合繊もあります。柔らかい分、締めたときに体に負担がかからないようです。

男着物の着方と帯びの結び方について

男着物も女性と同様、衿の合わせ方は自分から見て左側を上にします。言葉の上では「右前」といいますが、この前は先という意味になります。「右」も自分から見て右を先に重ねるため、右前となります。衿は首に沿わせるようにし、女性のように衣紋は抜きません。男着物は身丈が着丈になっているので、おはしょりも取りません。角帯や兵児帯のつけ方としては、長着の上に腰紐または男締めを巻いてから、帯を結びます。角帯はお腹の周りに巻くのでなく、少し上の腰骨の辺りに巻くのが正しい付けかたです。結び方は貝の口という最もポピュラーなものと、浪人流しという結び方があります。浪人流しは結び目が平らになるので、車の運転など長時間座る必要があるときに向いています。兵児帯は垂れ下がった見た目の為、厳格な場での着用は避けるべきです。