男着物を着るために必ず必要な物は3点です。長着とも呼ばれる着物そのものと、帯、下駄・草履があれば大丈夫です。着物の下に肌着を着る場合は着物用の肌着の肌襦袢を着ますが、VネックのTシャツとステテコなどで代用することも出来ます。中に肌着を着ない着方も着物の素材によっては出来るので、肌着は絶対必要というわけではありません。肌触りの悪い素材や高価な着物の場合は肌着を着用したほうが安心です。他にも足袋や腰紐があると便利です。男着物といえば、上から羽織を着るというのをイメージする方も多いと思います。羽織も必ず必要な物ではありませんが、寒い季節やかしこまった場所では必要になってきます。羽織は着物と同じ布で作るとアンサンブルと呼ばれ、すっきりとした印象になります。

男着物の自分でできる簡単な着方

まず肌襦袢を着る場合は、右前になるようにします。右前というのは右側が前にくるようにではなく、先に右を身体に合わせることをいいます。肌襦袢の上から腰紐をまく必要はありません。次に着物を肌襦袢と同じように右前で、右側を身体に合わせます。この時着崩れを防ぐために、しっかりと体の横までもっていくと良いです。さらに衿の部分を首筋にしっかりつけることでも着崩れを防ぐことができます。あとは左側も身体の横までもっていき、腰紐を結びます。腰紐の結び方はへその下あたりに腰紐を二重に巻き、結んでから余った紐の部分を巻き付けます。最後は帯を結んで完成ですが、帯の結び方はたくさんの種類があります。定番の結び方は貝の口と呼ばれるもので、帯を身体に二重に巻き付けてから、太さを変えた余りの帯を交差して巻き付けます。

男着物のお手入れ方法と保管方法

着物は着た後のお手入れが必要です。直ぐに畳んでしまわずに1日ハンガーにかけて風通しを行います。その後はきれいに畳んで湿気を吸収してくれる衣装ケースなどに保管します。桐の箪笥が好ましいですが、段ボールなどで作られた衣装ケースにも湿気を吸収してくれる効果があるので代用できます。洋服ダンスにしまう場合は着物を和紙などで着物を包むといいです。普段のお手入れは風通しを行うだけで十分ですが、汚れが気になりだしたらクリーニングに出しましょう。クリーニングの方法も「丸洗い」と「洗い張り」があり丸洗いの場合は普通に洗うだけですが、洗い張りは一度縫いを外してから洗いもう一度仕立て直す方法です。汚れがひどい場合は洗い張りのほうがいいですが、ほどき代や仕立て代がかかるので費用が高額になってしまいます。素材によっては自宅で洗えるものもあるので、購入するときにお手入れについても検討しておくと良いです。